忍者ブログ

タイトルはかつて友人だったフォトグラファーの言葉です。

フィルムで撮影して暗室で現像して一枚一枚手間をかける銀塩写真と、デジタルで撮影してPCで編集してプリントする写真と、どちらが本物だろうか?と。

それに対して、私は「偽物でも信じたら本物、本物でも疑ったら偽物だと思う」と答えました。それは手法ではなく、写真を見る人へどう感じてもらえるか、それが大切だと思ったからです。

考えてみたら、それは人間でも同じことのように思います。
本物と偽物、真実と嘘・・すべてはどう見るかによって、見方も変わります。

人は誰でも最後は自分が悪者にはなりたくないのかも知れません。
それを気付かずにやっている人もいるし、気付いても見ないふりをする人もいるでしょう。
それは仕方ないことです。だって人間ですから・・。


本当に大切なものの為なら、傷ついても自分が悪く思われてもいい。
私はそんな生き方がしたいなぁ。


その信じてくれるものの為に、世界中を敵に回してもかまわない。
そこには命を賭けるだけの値打ちがあると信じているから。


でも残念ながら、そこまで強くなれず煩悩と陰陽の境目で迷い続けています。






あれ?
写真の話をしていない(笑)

写真展サンプル印刷が届きました。
うーん、結果は後ほど。

おやすみなさい。





PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フリーエリア

最新CM

[11/17 モッチ]
[11/14 岡山太郎(Bigstone)]
[07/10 モッチ]
[07/06 ミツ]
[04/21 モッチ]

最新TB

プロフィール

HN:
西条 春樹
性別:
男性
職業:
会社員
趣味:
写真、アウトドア、映画
自己紹介:
杜の都仙台のフォトグラファーを目指しています。
2012年「こころの空」写真展主催。
2012年「uovo artista in SENDAI」背景写真担当
2013年「クリエーターチームB-birth」創設、代表兼カメラマン
2014年 Re:PHOTO 設立
2015年 公募写真展「つむぎのとき」企画主催代表

ただひたすらに「写真に本当に写るもの」を追い求めて挑戦しています。

愛機はD700、S5pro、D5000。


空の月や星を見上げて・・誰かの想いが届きますように・・。

バーコード

ブログ内検索

P R

カウンター

フリーエリア